テクニカル分析を組み合わせよう!

テクニカル分析を大きく2つに分けると
トレンド系とオシレーター系のテクニカル指標があります。

トレンド系については、
相場の大きな流れを見るためのテクニカル指標となっていて、
ゴールデンクロスやデッドクロスなどのトレンドの変換点を
見極めての取り引きが重要となっています。

弱点としては、トレンドがはっきりしてきたあとにシグナルが出るので、
ポジションを持ったときには少し遅い取り引きとなり、
ポジションを持った瞬間がトレンドの終焉だったりもします。

もう一つのオシレーター系については、
買われすぎや売られすぎといった相場の過熱感を
見極めるテクニカル指標になっています。

買われすぎのときに売って、
売られすぎのときに買うといった取り引きの仕方になります。

弱点としては敏感に反応しすぎてダマシが
多いということがあげられます。
ダマシが多いので失敗することも多いです。

この2つのテクニカル指標を
上手に組み合わせてあげることで
テクニカル指標の精度をあげることができます。

トレンド系+トレンド系でも
シグナルの信頼性を高めるということできます。
オシレーター系+オシレーター系でも然りです。

でもオススメなのは、
オシレーター系+トレンド系のテクニカル指標の組み合わせが
信頼度も高くなり、トレンド系よりは敏感に
反応してくれるようになりますので、
取り引きチャンスも増えることになります。

テクニカル指標を使いこなすためには、
少なくとも2つのテクニカル指標を組み合わせて
精度の高い取り引きをしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です