インジケーターとは

FXなどで使われるインジケーターとは、
過去から現在の相場の状態を示す指標のことをいいます。

もともとインジケーターという言葉は、
「状態を示す」といった意味があります。

インジケーターはFXのテクニカル分析に用いられています。

しかし最近は、自動売買(システムトレード)などの
システムの一部やパラメータセットのことを指すことが多いようです。

テクニカル派のトレーダーにとっては、
どんなインジケーターを使うか、
どんな設定をして使うかも、
勝敗に強く関係していきます。

最近はさまざまなインジケーターが、
インターネットを通して配布されています。

インジケーターは無料で公開・配布されているものもあり、
国内はもちろん海外のサイトでも、
インジケーターが配布されています。

最初はムリに有料のインジケーターを探さなくても、
無料のもので慣れていくのもいいかもしれません。

種類としてはテクニカル指標と同様、
「トレンド系」、「オシレーター系」に分かれています。

またトレンド系やオシレーター系と
併用できる補助的なインジケーターもあり、
あわせてもっておくと便利です。

有名なFXソフトであるMT4にも、
多数のインジケーターがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です