ボリンジャーバンドを活用する

FXで使われるボリンジャーバンドとは
相場の確率分布といわれ、現在の相場が行き過ぎなのか、
妥当な位置にあるのかを見るのに良いテクニカル指標となる。

相場にはレンジ内でのもみ合い相場もあれば、
一方方向に大きく動く大きなトレンドを形成している場合もある。

その時々に応じた移動平均線からの乖離率をみるために
標準偏差とよばれる数学的分析を行うことで、
確率のバンド帯を表している。

レンジ内でもみ合っている局面では
ボリンジャーバンドのバンドの幅は小さくなり、
大きく動き始めることでバンドの幅が次第に大きくなる。

ボリンジャーバンドを使用しないと
一見無秩序に動いていそうな相場に見えても、
ボリンジャーバンドを使用することで
秩序のある相場の動きをしているように見えるから不思議なものです。

移動平均線から大きく乖離している場合は、
移動平均線の値に戻ろうとするのが相場。
ボリンジャーバンドをうまく活用して大きく勝っていきたいですね。