ロスカットとマージンコールのタイミング

世界の通貨を売買できるのがFX。

個人で売買するのではなくて
FX会社が代行してくれます。

資金をあらかじめFX会社の
口座に預けておいてから売買のスタートです。

預けておく資金は証拠金という呼び方がされていて、
そのお金を使ってFX会社が売買をしてくれるのです。

トレードが旨くいって利益を確保できていければ
そのままトレードを続けていけますが、
損失が多くなっていくと証拠金では足りない状況になる事態が起こるのです。

FXは続けていけなくなっていくので、
FX会社としては「そろそろ証拠金が無くなってしまいますよ」
という“マージンコール”という形の連絡をしてくれるのです。

でも証拠金の全てがなくなる前でなくて、
多くのFX会社では、証拠金の20%~30%の損失となった時点で
マージンコールをしてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です